お茶 健康 美容 効果

お茶を飲むことは健康と美容に効果的

水分補給にお茶を利用されるかたも多いと思います。
最近、いろいろな種類のペットボトルが販売されていますね。

 

お茶のペットボトルもいろいろな種類が増えましたね。

 

今回そんなお茶の、特に日本茶の美容と健康の話です。

 

まず、緑茶にも多く含まれるカフェインですが皆さん、あまりいい印象を持っていないかたも多いと思います。
カフェインというと寝れなくなる、胃があれるなどのイメージあると思いますが、副交感神経に作用し脂肪燃焼の手助けをしてくれます。

 

また、緑茶に多く含まれるカテキンも脂肪燃焼の手助けをしてくれるので、運動前に緑茶を飲むとダイエットの手助けになります。

 

よく最近、健康補助食品としてカテキンが強化されたお茶が販売されていますよね。

 

ただ、カテキンは苦味成分でもあるので結構苦くはあります(笑)
でも、このカテキン虫歯予防や口臭予防、また美肌にも効果があるそうです。

 

ちなみにカフェインが多いといわれているコーヒーと緑茶や紅茶はあまりカフェイン量に差はありません。
紅茶や玉露に関してはコーヒーより多いので、妊娠中の方や授乳期のかたなど、カフェイン摂取に気をつけていらっしゃる方はお気をつけください。

 

また、薬の成分によってカフェインが薬の作用を強くしたり、弱くしたりするとがあるのでお茶と一緒にお薬を飲むのはやめましょう。

 

ほうじ茶ならカフェインが少ない思っている方もいるかもしれませんが、意外カフェインを含んでいます。

 

ほうじ茶は番茶とも呼ばれますが、新芽をとったあとに、また葉っぱをとった二番茶以降のオチャノキの葉っぱを緑茶にし、焙じたものなので原材料は緑茶と変わりません。

 

また、厳密にいうとほうじ茶は緑茶です。

 

もし、おうちにほうじ茶がある方は裏を見ると、商品名が緑茶になっていると思います。
ただ、カフェインは熱によって昇華(蒸発)するので、緑茶を焙じたものなので、多少は緑のお茶よりカフェインは少ないです。

 

そして意外に、知られていないのが緑茶はビタミンCが、多く含まれています。

 

びっくりなのがレモンより多かったりします。

 

ビタミンCは酸化しやすいので、発酵させて作るウーロン茶とか紅茶にはあまり含まれていません。

 

緑茶のなかでも、覆いを被せて育てた玉露や抹茶より太陽の光をしっかり浴びた煎茶など緑のお茶に多く含まれています。

 

ちなみにほうじ茶は焙じてしまっているのでビタミンCは少なめです。
お茶のビタミンCのすごいところは熱に強いところです。

 

ビタミンCは水溶性なので熱いお湯でいれたお茶はビタミンCたっぷりです!

 

ただビタミンC、先にも書きましたが酸化に弱いのです。古くなると少なくなってしまいます。
なので新しさの目安になるそうなのですが、新しいものを早めに飲んでくださいね。

 

また、玉露や抹茶に多く含まれるテアニンはリラックス効果があり、女性の月経前症候群(PMS)の軽減の助けになる、という調査結果もあります。

 

テアニンとは、お茶の旨味成分で高級なお茶に多く含まれています。玉露やお抹茶に多く含まれているのは旨味成分を多くするため、よしずなどの覆いを一定の期間被せて育てるためです。

 

日本茶にふくまれるカフェインとカテキンがダイエットのサポートをし、またカテキンとビタミンCがお肌をきれいにし、口臭予防にもカテキンが活躍し、テアニンがリラックス効果になりPMS 軽減の手助けになるなど、まさに日本茶は女性の健康と美容のサポーターですね!

 

また、煎茶や玉露、お抹茶などお茶によっても成分が違うのでいろいろ毎回、お茶を気分で変えるのも楽しいですね。

 

ただ飲み過ぎはやっぱりカフェインのとりすぎになるので、適量のんで美味しく、お茶ライフを楽しんでください。

 

 

⇒トップページへ